So-net無料ブログ作成
検索選択
1500年代 Cinquecento ブログトップ
- | 次の10件

フィレンツェの「最後の晩餐」その3 [1500年代 Cinquecento]


初詣に行けなかった王子稲荷の代わりに巡礼している

フィレンツェの「最後の晩餐」の続きです。




フィレンツェの「最後の晩餐」その2

http://blog.so-net.ne.jp/firenze/2007-01-09

から続いています。




ちなみに その1は↓です。

http://blog.so-net.ne.jp/firenze/2006-10-11

この記事書いたのは10月?! 




時の流れの速さに驚いてないで先を急ぎます。




さて次に訪れたのはフィレンツェの南端、

ローマ門のすぐ内側のカルツァ修道院の「最後の晩餐」です。






ローマ門とその内側カルツァ広場。門を背にした写真。左が修道院。

続きを読む


フィレンツェの「最後の晩餐」その2 [1500年代 Cinquecento]


1月6日はエピファニアの祝日 ※1。
最後のクリスマス気分を味わうため、丘を下ってフィレンツェの街へ。


ドゥオーモ周辺はすごい人だかり。

続きを読む


サリエラ発見! [1500年代 Cinquecento]





イタリアの夕刊紙CORRIERE DELLA SERAの1月21日のwebページにウィーン発のこんな記事が載りました。




L'opera era stata rubata nel maggio 2003 dal Kunsthistorisches Museum

Ritrovato un pezzo della saliera di Cellini

La polizia di Vienna ha recuperato un tridente, la speranza è che l'opera non sia stata danneggiata. Ora c'è anche un identikit

VIENNA - È stato ritrovato un pezzo della preziosa saliera di Benvenuto Cellini, rubata nel maggio 2003 dal Kunsthistorisches Museum di Vienna. Lo ha riferito la polizia austriaca, riferendo che è stato ritrovato un tridente che decorava la scultura. Il pezzo era mobile e pertanto l'opera d'arte potrebbe non essere stata danneggiata. Gli inquirenti sono riusciti a costruire l'identikit di un uomo che potrebbe «verosimilmente dire dove si trova la scultura». Il furto dal prestigioso museo austriaco aveva creato grande attenzione internazionale. La piccola scultura in oro di Cellini è alta 26 centimetri e riproduce due figure, una Venere per il pepe e un Nettuno per il sale.

20 gennaio 2006




 記事を要約すると

「2003年5月にウィーン美術史美術館から盗まれた16世紀イタリアの彫刻家ベンヴェヌート・チェリーニの『サリエラ』=saliera d'oro di Francesco I(フランチェスコ1世の黄金の塩入れ=が、2年8か月ぶりに発見された。保存状態は良好。警察は身代金連絡に使われた携帯電話を突き止め、電話販売店の監視カメラの男の映像を公開。自首した男の供述に基づき北オーストリアの森の地中からサリエラの入った箱を掘り出した…」というもの。

続きを読む


- | 次の10件 1500年代 Cinquecento ブログトップ